男性が原因の不妊と治療|不妊治療で待望の赤ちゃんを授かる|始めるなら今がいい

不妊治療で待望の赤ちゃんを授かる|始めるなら今がいい

医者と看護師

男性が原因の不妊と治療

夫婦

造精機能障害が多い

不妊には、女性に問題がある場合もありますが男性に問題がある場合もあります。男性不妊の原因には、遺伝や発育時のトラブルなどの影響で起きる先天性のものと成長してから起きる後天性のものがあります。原因には色々なものがありますが、男性不妊のほとんどの原因となるものが造精機能障害というもので内分泌系の器官や精巣に問題がある為にうまく精子が作れないことです。精子が作れないと卵子と結びつくことが出来ないので受精卵が出来ない為に、妊娠できないことにつながります。男性不妊が原因で妊娠できない場合は、その原因を突き止めた上で対処していく必要があります。婦人科では、女性だけでなく男性不妊の検査も気軽に行えるようになっています。

顕微授精が良い

男性不妊が確認できた場合、治療として使われるのが顕微授精になります。顕微授精は、体外受精のように人工的に授精させる方法になりますが卵子一つに対し精子一つあれば十分なので精子が少ない人、沢山作れない人の場合でも授精させることが可能になります。顕微授精で受精できる確率は比較的高いので、数回顕微授精を受けることでその確率は更に高くなるので多くの場合授精させることに成功します。病気や何らかのトラブルがあって精子が全くない状態でも、精巣をくまなく探すことで一つだけでも精子が見つかると授精させることが可能なので多くの人が子供を授かることが出来ます。不妊治療は出来るだけ若いうちから行う方が良いと言われています。