発覚しづらい男性不妊|不妊治療で待望の赤ちゃんを授かる|始めるなら今がいい

不妊治療で待望の赤ちゃんを授かる|始めるなら今がいい

医者と看護師

発覚しづらい男性不妊

困るメンズ

精液検査で分かります

晩婚化が進んでいることに伴い、最近は不妊治療を受けている人が増えています。結婚後しばらく妊娠しない場合、まず女性が婦人科へ検査に行くことが多いです。女性は婦人科で様々な検査をし、場合によっては薬物療法をします。しかし不妊の原因は女性だけではない、と昨今知られるようになってきました。無精子症という言葉をご存知でしょうか。男性が原因の不妊(男性不妊)の一種です。女性の場合生理不順など自覚できる不妊症状も多いですが、無精子症の場合自覚することはほとんどできません。精液検査と言って、精液から精子の数を調べる検査をして発覚することができます。精液検査に抵抗のある男性が多いですが、不妊治療は時間が勝負です。早めの受診を心がけましょう。

精子提供という方法も

無精子症には閉塞性無精子症と非閉塞性無精子症の2種類があります。閉塞性無精子症は何らかの原因で精子の通路が塞がれてしまい、精子が外に出ることができない状態です。この場合、精巣などから直接精子を採取して顕微授精をすることで妊娠が可能になります。非閉塞性無精子症はそもそも精子が作られていない状態です。この場合は手術によって後期精子細胞を見つけることができれば妊娠が可能です。しかし見つからない場合妊娠は難しくなり、それでも妊娠を望む場合は第三者から精子提供を受けて妊娠することができます。第三者からの精子提供で生まれてくる子どもは、夫と血の繋がりがないことになります。将来的にそのことに関して、夫や子どもが悩むかもしれません。そのため、よく将来のことを考えてから精子提供を受けるか決めましょう。